2018.07.10

香りある生活をスタート!アロマ初心者におすすめの柑橘&フローラル系5精油♪

shutterstock_619371440

その日の気分でBGMを選ぶように、心地よく過ごすための香りを選ぶ。

そんな生活に憧れるけど、香りの選び方がわからない、という人もいるでしょう。

植物の香り成分を抽出したエッセンスである精油(エッセンシャルオイル)は、いくつかの系統に分けることができます。

この記事では、親しみやすい香りが多い柑橘系とフローラル系の精油の中から、初心者におすすめの5種類をご紹介します。

甘く温かい香り 「オレンジ・スイート」

shutterstock_637818412
柑橘系の中でも甘い香りが特徴のオレンジ・スイートは、性別や年代を問わず、幅広く好まれる香りのひとつです。

オレンジの果皮から抽出される精油なので、オレンジの皮を剥いているときに感じる香りに近く、親しみを感じる人が多いようです。

明るく温かな気持ちにさせてくれる香りは、リラックスしたいときや気分が沈んでいるときなどにぴったりです。

スッキリ爽やかな柑橘の香り 「レモン」

shutterstock_308983895
爽やかな柑橘の香りといえばレモンです。オレンジ・スイートと同様、レモンも身近な果物由来の精油なので、苦手な人が少ない香りのひとつです。

フレッシュなレモンの香りは、気分をリフレッシュさせてくれるだけでなく、頭をスッキリとさせたいときにも役立ちます。

仕事や勉強など集中したいときや、疲労を感じたときなどにおすすめです。

リラックス系アロマの代表 「ラベンダー」

shutterstock_657200071
フローラル系のアロマといえば、まずラベンダーが思い浮かぶという人も多いでしょう。

鎮静作用を持つ成分を多く含むラベンダーは、心を落ち着けたいときや、良い眠りに導くための環境作りに用いられることの多い精油です。

肌のお手入れや日常のちょっとしたセルフケアにも役立つことから、万能精油とも呼ばれるラベンダーは、1本持っていると、生活の様々なシーンで役立ちます。

ローズに似た香りを持つ 「ゼラニウム」

shutterstock_641418562
ローズの香りが好きな人におすすめの精油が、ゼラニウムです。

ローズ精油の成分であるシトロネロールやゲラニオールが含まれているゼラニウム精油は、ローズと似た香りを持っているのです。

高価なローズと比べ、ゼラニウムは比較的手に取りやすい価格です。ローズは好きだけど手が出ない、という場合には、ゼラニウムを試してみると良いでしょう。

りんごのような花の香り 「ローマン・カモミール」

shutterstock_149380271
リラックスを目的に使われる精油の中で、ラベンダーと並んで有名なのが、ローマン・カモミールです。

りんごに似た甘酸っぱい香りが特徴のローマン・カモミールは、ストレスによる緊張を癒すと言われています。

気持ちを落ち着かせ、身体の緊張を和らげるような香りは、不安を感じるときや眠れない夜に役立ちます。

「香りのある生活」 を始める1本の選び方

shutterstock_601962845
柑橘系とフローラル系の精油は、気分を明るく、穏やかに整えてくれるような香りが多いので、気に入ったものを、まずは1本持っておきたいものです。

今回は、入手しやすく、多くの人に好まれる精油を中心にご紹介しました。スタートの1本に迷ったら、この中から探してみましょう。

アロマ選びのポイントは、実際に香りを嗅ぎ、自分が心地よいと感じるものを探すことです。自分の感覚を大切に、香りのある生活を始めましょう。