2019.01.04

アロマオイルトリートメント3
癒しにおすすめの精油ブレンドレシピ集

shutterstock_73089046

最も効果的なアロマテラピーはオイルトリートメント。その根拠は、皮膚の成り立ちと関係があります。

受精卵が3つの胚葉に分かれ、それぞれが決まった体のパーツを形成。脳と皮膚は同じ「外胚葉(がいはいよう)」から発生することから、脳と皮膚は根っこが同じという意味の「脳皮同根」ということばが生まれました。

脳に直接触れることはできませんが、皮膚を介して、心地よい刺激を与え、心身を癒す効果が得られるということ。

また、トリートメント中にゆっくりと精油の香りを楽しみ、嗅覚から脳へと刺激を届けることができます。

1回目は「脳皮同根」という考え方についての解説。2回目は、実際にオイルトリートメントで使用する植物油の基礎知識についてお伝えしました。

3回目はコンディションに合わせた精油のブレンドレシピと、簡単なトリートメント方法についてご紹介します。

肌のお手入れにぴったりなオイルとブレンドは?

shutterstock_1029002353
ストレスや冷房・暖房など、肌を取り巻く環境はいつも過酷です。肌への負担を軽減し、健やかに整える毎日のケアをご紹介しましょう。

植物油の保湿成分で肌をしっとりみずみずしく整える。さらに、精油の香りでスキンケアの時間が癒しのひと時になりますね。

オイルクレンジングやフェイシャルマッサージにおすすめのブレンド

shutterstock_374228281
専用のクレンジング剤でないと落とせないメイクが別として、一般的なものであれば植物油で落とすことができます。

目元はコットンにオイルをしみこませ、まぶたの上にのせてしばらくなじませてから、そっとふき取る様にしましょう。

アイラインやマスカラなどは、綿棒を回転させるようにやさしくなじませながら落とすのがおすすめです。

フェイシャルマッサージの基本は、顔にできるしわに対してクロスするように指を動かします。

顔には耳の際、顎の付け根に耳下腺リンパ節があり、基本はここに向かって指腹で軽く流すようにするのがコツ。

首は上から下に、鎖骨のくぼみに向かって流しましょう。力の入りにくい薬指を使うと、肌への負担も少なくなります。

<フェイシャル用オイルのレシピ>
・植物油 10ml
・精油1~2滴

●オイリースキン
植物油はさっぱりとした使い心地のグレープシードオイル、もしくは、皮脂バランスを整えるといわれているホホバオイルをチョイス。

メイクをしっかり落としたいときはオレンジ精油、皮脂を取りすぎないようにしたい場合はラベンダーやゼラニウム、オイリースキンの人にはレモンやローズマリーがおすすめです。

ニキビや吹き出物などが気になる場合は、ジュニパーもいいでしょう。

●ドライスキン
植物油はスイートアーモンド。成分がよく似ている、桃の種から採れるピーチカーネルオイル、アンズの種から採れるアプリコットカーネルオイルもいいでしょう。

精油はラベンダーやゼラニウム、サンダルウッドがおすすめです。

●老化肌
植物油はマカデミアナッツ。余裕があればカメリアオイルやローズヒップオイル、月見草オイルをブレンドしてもいいでしょう。

精油は少し高いですが、ネロリやローズがおすすめ。クレオパトラも愛用したといわれているフランキンセンスも試してみましょう。

肩こりや疲れによいオイルとブレンドは?

shutterstock_141309505
長時間のPC作業やスポーツの後の筋疲労でコリやハリを感じているとき、マッサージは血行を良くしてくれるのでおすすめです。

特に肩やデコルテ(胸元)はオイルが体温で温められ、鼻に届きやすいので癒し効果も抜群です。

デコルテや足などのマッサージにおすすめのブレンド

shutterstock_1068022715
筋肉が疲労すると固くなり、乳酸などの老廃物がたまりやすくなります。

精油は「体を温める」、「老廃物排出を促す」、「緊張をほぐす(リラックス)」、「クールダウン効果がある」ものを選ぶことがポイントです。

<肩こりやハリを感じた時のレシピ>
・植物油 10ml~20ml(オイルはお好みでOK)
・精油 4滴~8滴

●PC作業による肩こり
・ローマンカモミール2滴
・ジュニパーベリー1滴
・ユーカリ1滴をブレンド

ユーカリのすーっとしたトーンとスパイシーなジュニパーの刺激、カモミールの甘い香りに癒されます。

肩から首、デコルテに優しく塗布しましょう。鼻づまりや咳がつらいときも肩が張るので、気分転換に使ってみてはいかがでしょうか。

●スポーツ後のクールダウン
・レモングラス1滴
・ラベンダー2滴
・シダーウッド1滴

フレッシュ感のあるレモングラスにラベンダーで甘さをプラス。森林浴のようなシダーウッドの香りで癒されます。さらに甘さが欲しいならマジョラムを加えてもいいでしょう。

心臓から遠い場所から、心臓に向かって流すようにマッサージするのがコツです。

●立ちっぱなしなどで足のハリが強いとき
・グレープフルーツ2滴
・ジュニパー1滴
・サイプレス1滴

余分な水分や老廃物を早く体の外にだすといわれているジュニパーやサイプレスに、さわやかなグレープルーツをプラス。

血行を良くしてくれるローズマリーを1滴プラスしてもいいでしょう。

女性特有の悩みにおすすめのブレンド

shutterstock_1099720286
女性の場合、ホルモンバランスが変わると便秘しがち。また、生理前症候群(PMS)や生理痛がつらいという方も少なくありません。

精油を入れた植物油で、腹部をマッサージすることで血行をよくし、生理痛の痛みを軽減し、腸を動かすサポートにも役立ちます。ぜひ、お試しください!

<生理の不快感を和らげるレシピ>
・植物油 10ml(お好みでOk)
・精油 4滴

●便秘がち
・ローズマリー2滴
・マジョラム1滴
・ローマンカモミール1滴

明るく前向きな気持ちにしてくれるようなオレンジやレモン、女性の不調によいとされるクラリセージも有効です。

この場合、必ず腸の流れにそって、時計回りにおへその周りを優しく擦りましょう。腰にも塗布するのを忘れずに。

●生理前症候群(PMS)対策
・ローマンカモミール1滴
・クラリセージ2滴
・イランイラン1滴を

クラリセージが手に入らない場合は、ラベンダーやゼラニウムでもOK。

腹部は鼠径部の上やおへその下あたりを優しくマッサージ。腰にも忘れずに塗布します。頭痛や肩こりを感じているときは、首やデコルテにも塗ると香り立ちがよくリラックスできます。

●生理痛やイライラ対策
・ローズ1滴
・ローマンカモミール1滴
・パチュリ2滴

リンゴのようなフルーティな香りのカモミール、女性に好まれる優しく甘いトーンのローズが、憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれます。パチュリで香りも長持ち。

●むくみが気になる
・ジュニパー1滴
・ゼラニウム2滴
・サイプレス1滴

ゼラニウムのグリーンなトーン、ジュニパーのスパイシーな香りが意外によく合うブレンド。気分転換にもなります。

生理中の不快感を和らげるテクニックとして、ナプキンに1滴ラベンダーをたらし、その上におりものシートを乗せる(逆におりものシートに精油をたらして、ナプキンを上から重ねる)のを試してみてください。

体温で温められ、ラベンダーの良い香りが立ち上ってきます。

たったこれだけのことですが、意外に気持ちが落ち着いて、イライラが軽減されますのでぜひお試しを!

ストレスや不安感を和らげるブレンドは?

shutterstock_64139092
心配ごとや仕事立て込んでいてぐっすり眠れないというとき。お風呂上りに昼間の緊張をリセットするトリートメントが有効です。

フェイシャルや首、デコルテにオイルをつけ、意識的に深い呼吸を心がるのがポイント。

植物油はだいたい6時間ぐらい香りを肌の上に留める効果があるので、寝る前、お風呂上りに行うと、眠りの質を良くしてくれますよ。

<眠りの質を高めるオイルのレシピ>
・植物油 10ml(お好みでOk)
・精油 4滴

●心配事が次々頭をよぎり眠れないとき
・マジョラム1滴
・ラベンダー1滴
・ベルガモット2滴

マジョラムの代わりにクラリセージでも緊張を和らげる力が強いので、好きな香りで試してみましょう。

●眠りが浅く寝た気がしないとき
・イランイラン1滴
・ローズ1滴
・サンダルウッド2滴

イランイランは幸福感が強く、呼吸を深くしてくれる香り。ローズはストレスを癒し、バランスを整えてくれます。サンダルウッドは鎮静力があり、深いリラックスをもたらしてくれる香りです。

●気持ちが落ち込んで眠れないとき
・ローズ1滴
・ベルガモット(もしくはオレンジ)2滴
・フランキンセンス 1滴

辛いときは、自分でというよりも、プロのセラピストさんの手を借りて、じっくりとトリートメントを受けるとさらに効果的。優しい人との触れ合いで分泌される「幸福ホルモン(オキシトシン)」が心の痛みを和らげてくれることでしょう。

※手作り品の場合は自己責任でご使用ください。
※精油をブレンドした植物油は1週間を目安に使い切るようにしましょう。
※使用前には必ず、パッチテストを行い、赤みや刺激を感じた際はただちに使用を中止。水や石鹸等で洗い流し、場合によっては医師の診断を受けるようにしましょう。

オイルトリートメントでアロマケアまとめ

shutterstock_123634594
アロマテラピーで最も効果的なのはオイルトリートメント。

嗅覚を介して香りのメッセージを届け、肌をやさしく軽擦することで緊張を解きほぐしてくれます。

さらに植物油が持つ保湿力で肌もすべすべに!

プロのアロマセラピストの手を借りれば、心身を心地よく、深く癒すことができます。

まだ未体験という方はぜひ一度、アロマオイルトリートメントを受けてみてはいかがでしょうか。