2019.02.19

香りも楽しむヘアケア♪おすすめヘアトリートメントオイルレシピ集

shutterstock_585551513

最近、抜け毛に悩む女性が増えてきました。髪の健康は食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れに大きな影響を与えます。

冷房や暖房、紫外線など、周りを取り巻く環境からもダメージを受け続ける髪と頭皮。

さらに女性の場合、パーマやヘアカラー、ドライヤーによる傷みも気になりますよね。

今回はアロマを使って、健やかな髪の健康を守り、心地よくヘアケアを楽しむコツを伝授しましょう。

髪はどうやって作られる?その成分は?

 
shutterstock_534960631
よく美しい髪を育てるには海藻がいい!といわれていますが、髪そのものはたんぱく質が主成分です。

爪と同じイオウを含むケラチン(たんぱく質)というもので、ケラチンには柔らかいものと、固いものの2種類があります。

頭皮と毛穴は柔らかいケラチンですが、髪の毛や爪は固いケラチン。外部からの衝撃から頭部や指先を守るようにできているのですね。

髪を作りだしているのは「毛球」

shutterstock_355241339
私たちが「髪」と呼んでいるのは皮膚表面に出ている部分、正式には「毛幹」といいます。

皮膚の下にもぐっている部分は「毛根」。そして毛根の下の丸みを帯びた部分を「毛球」といいます。

この毛球の1/3は生きた細胞で、毛細血管から酸素と栄養を取り込み、細胞分裂を繰り返しながら成長。新しい髪を作り続けるというわけです。

髪(毛幹)はよく海苔巻に例えられます。

3層構造になっており、いちばん外側にある“海苔”の部分が毛小皮(キューティクル)、その内側にある“ごはん”の部分が毛皮質(コルテックス)、真ん中にある“具”の部分が毛髄質(メジュラ)です。

シャンプーやトリートメントのCMなどでおなじみの「キューティクル」は、ウロコ状になっており、髪が伸びていく方向に何枚も重なり合っています。

その内側にある毛皮質に含まれる、たんぱく質や水分が失われないように保護するのが役目で、このキューティクルが傷んでしまうと、髪のパサつきや切れ毛などのトラブルを引き起こしてしまうのです。

髪が生えかわるヘアサイクル(毛周期)は?

shutterstock_192544499
髪の毛は一生伸び続けるわけではありません。

一定期間成長続けると、毛球の細胞分裂は停止。角化(死んだ細胞になること)が進むと、脱毛します。

髪の成長は1日0.52mm、1年間で19cmぐらい。男性なら2~5年、女性なら4~6年成長し続けるのが平均的なサイクルといわれています。

ただ、とても髪の長い女性を見たことがあるように、その寿命は人によって様々です。

ちなみに髪以外の毛ですが、体毛やまつ毛、眉毛などは3~6か月、腋毛や陰毛などは1年ぐらいで生えかわるそうですよ。

健康な髪を守るには食生活が大事!

shutterstock_541246537
髪は特殊な構造をしていて、繊維状になった毛皮質を毛小皮が束ねるように包んでいます。

髪の毛の主成分は約18種類のアミノ酸が結合して出来ているケラチンです。

肉類や魚介類、卵、牛乳、豆製品でしっかりたんぱく質を補うとともに、ミネラル豊富な海藻類やビタミンが多く含まれる野菜・フルーツ・ゴマ・ナッツなどを取り入れたバランスのよい食生活が髪の健康を守る基本になります。

アロマがヘアケアに役立つポイントは?

 
shutterstock_319388792
髪は死んだ細胞でできています。一度ダメージを受けてしまうと二度と再生することはありません。

このため、いかに生まれたときの健康な状態を維持できるかが大切になります。

紫外線やパーマ、カラーなどのダメージから守ることはできませんが、ストレスやホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされる髪トラブルに強みを発揮するのがアロマを使ったヘアケア。

心地よい香りはお手入れをより心地よいものにしてくれるので、楽しい癒しの時間になりますよ。

ホルモンバランスの乱れが抜け毛や薄毛の原因に!

shutterstock_599455193
男性の場合、抜け毛は深刻な悩み。女性も年齢を重ねると髪が細くなり、コシがなくなることで薄毛に悩んでいるという方も少なくありません。

最近では働き盛りの女性でも、脱毛症や薄毛のトラブルを感じる方が増えているそうです。

抜け毛や髪がやせていく原因のひとつには、男性ホルモン「テストステロン」が大きく関わっています。

女性も男性と同じ立場で働く現代では、男性ホルモンの分泌量が増え、抜け毛などのトラブルにつながっているという説もあるようです。

テストステロンは「5α‐リダクターゼ」という酵素により、「5α‐ジヒドロ‐テストステロン」という物質に変化。この物質が髪の毛をつくるときのエネルギー不足をまねき、細いコシのない毛にしてしまうそうです。

一般に売られている育毛剤などには、この「5α‐リダクターゼ」という酵素の働きを阻害する成分がよく配合されています。

身近な自然成分だと、キダチアロエのアロエンやみかんの果皮に含まれるリモネンなどがそうです。

柑橘系の精油には、このリモネンが多く含まれているので、少なからず効果を期待できそうですね。

髪の健康に悪影響を与えるストレス

shutterstock_323599445
私たちの心身はストレスを受けると緊張します。

このため、血管が収縮し、血行が悪化。首や肩のコリだけではなく、頭皮の血流が悪くなり、毛根にエネルギーが行き届かなくなります。

また、ストレスを受けるとたんぱく質やビタミンC、ビタミンB1、カルシウムなどが多く消費され、不足しがちになります。

メカニズムはまだ解明されていませんが、部分的に髪が抜け落ち、円形脱毛症ができる原因としてホルモンバランスの乱れやストレスも、おおいに関係しているといえそうですね。

アロマテラピーは心地よい香りで、リフレッシュやリラックス効果が期待できます。

心身の緊張を解きほぐすとともに、適切なマッサージで血行を良くし、頭皮の血流改善にも役立てることもできますよ。

ヘアケアにおすすめの精油とお手入れ法は?

 
shutterstock_261027743
まずは頭皮と髪を清潔に保つのが第一。

頭皮もお顔の延長と考えて皮脂汚れをしっかり落とし、水分を逃がさない対策がお手入れの基本になります。

シャンプー前に週に一度はオイルクレンジング&トリートメント

shutterstock_1066915931
植物油を使ったオイルクレンジングは、皮脂汚れをしっかり落としてくれます。

オイルをなじませる際に、やさしくマッサージすることで頭皮の血行も良くなりますよ。

乾いた状態で頭皮にオイル塗布し、指腹で優しく擦り込みます。その後、サランラップをまくか、シャワーキャップで10~15分ぐらい放置し、シャンプーでオイル分を乳化させて落とします。

乾燥して髪の傷みが気になるようであれば、蒸しタオルを巻いた上からシャワーキャップをかぶるとさらに効果的です。

<ヘアトリートメントオイルレシピ1回分>
●植物油 10ml
●精油 2滴

★ダメージヘアにおすすめのブレンド★
・カメリアオイル(椿油)やスイートアーモンドオイル
・イランイランもしくはゼラニウム1滴、パチュリ1滴

椿油は昔からヘアケアに良く使われてきたオイルの一つです。スイートアーモンドも保湿力が高く、潤いをしっかり守ってくれます。

イランイランやゼラニウム、パチュリはホルモンバランスを整える香りで、ストレスケアにもぴったりです。

★頭皮のかゆみをおさえるブレンド★
・スイートアーモンドオイルなど
・ティートリーもしくはペパーミント1滴、レモン1滴

どの精油も殺菌力が高く、すっきりとした使い心地。特にペパーミントはクールな使い心地でかゆみを抑えてくれる効果が高いのでおすすめです。

★オイリーヘアにおすすめのブレンド★
・ホホバオイルなど
・ラベンダー1滴、レモン1滴

ホホバオイルは良くシャンプーやリンスに使われているもので、皮脂バランスを整えてくれる効果があります。

ラベンダーはストレスによる、皮脂バランスの乱れを抑えてくれる効果が期待できます。爽やかな香りのレモンと組み合わせてさっぱりと。

※手作り品の場合は自己責任でご使用ください。
※使用前には必ず、パッチテストを行い、赤みや刺激を感じた際はただちに使用を中止。水や石鹸等で洗い流し、場合によっては医師の診断を受けるようにしましょう。

髪の傷みが気になる場合はクレイパックでヘッドスパ

shutterstock_603293117
髪が乾燥してパサつきが気になるとき、抜け毛が気になるときは、シャンプー後にクレイパックを週に1~2回程度試してみましょう。

キューティクルを引き締めてくれるので、トリートメント代わりにもなります。

シャンプー後の髪にまんべんなくつけて、シャワーキャップをかぶり、10分ぐらい放置。後はシャワーで洗い流してください。

洗い流した後もきしみが気になる場合は、通常通り、リンスやトリートメントを行いましょう。

<クレイパック1回分>
●モンモリロナイト 大さじ2~4杯
●ぬるま湯(もしくはハーブティでもOK) 適量
●はちみつ 小さじ1
●植物油 少々
●精油 2滴

モンモリロナイトは保湿力の高いクレイ(粘土)です。はちみつは殺菌力・保湿力があります。

プリンカップなどの容器にクレイとはちみつ、植物油(スイートアーモンドや椿油など)、精油を入れ、ぬるま湯を少しずつ入れてスプーンなどでよく混ぜます。流れ落ちない程度の固さに練り上げましょう。

昔からの伝承で「金髪にはカモミール」、「黒髪にはローズマリー」と言われてきました。

ローズマリーは毛根を刺激し、髪質を強化するといわれています。

カモミールは保湿力のある「カマズレン」を含んでいます。化粧水によく配合されている成分なので、ご存じの方も多いのでは?

※手作り品の場合は自己責任でご使用ください。
※クレイはまれにひりひりすることがあるので、刺激を感じたらすぐに水や石鹸等で洗い流してください。
※使用前には必ず、パッチテストを行い、赤みや刺激を感じた際はただちに使用を中止。場合によっては医師の診断を受けるようにしましょう。

この他、香りのよいラベンダーやゼラニウム、ベルガモットなどもストレス緩和に有効ですよ。

抜け毛が気になるときはヘアトニック

shutterstock_1175457805
外出先でもさっと使えて便利。仕事中のリフレッシュにもなります。

冷房や暖房などによる乾燥から髪を保護してくれるので一石二鳥です。

<ヘアトニック>
●精製水 40ml
●無水エタノール 10ml
●植物油少々(ホホバオイルや椿油など)
●精油 10滴

★抜け毛が気になる方のレシピ★
ローズマリー 2滴
オレンジ 3滴
ゼラニウム 1滴
イランイラン 1滴
シダーウッド 3滴

ローズマリーで毛根にエネルギーを、オレンジはリモネンの働きを期待して!ストレス緩和にも貢献してくれます。

ゼラニウム、イランイランがホルモンバランスを整え、シダーウッドが皮脂バランスを整えてくれます。

※手作り品の場合は自己責任でご使用ください。
※1週間~2週間を目安に使い切るようにしましょう。
※使用前には必ず、パッチテストを行い、赤みや刺激を感じた際はただちに使用を中止。水や石鹸等で洗い流し、場合によっては医師の診断を受けるようにしましょう。

アロマでヘアケアまとめ

 
shutterstock_309707219
どの精油にも少なからず殺菌力はありますし、好きな香りを使うことがストレスの緩和に役立ちます。自分がかいで心地よいと感じた香りがベスト。

少し高いですがローズやネロリなど、華やかな気分になれる精油でヘアスプレーをつくってみるのもいいですよ。精製水100mlに1滴で十分香ります。

精油の代わりにフローラルウォーター(精油を蒸留した後にできる香りのついた水)を活用するのもおすすめ。

香りは髪に残りますので、仕事中も好きな香りに包まれリラックスできます。ぜひ、お試しください。