2018.10.05

清々しい香りの王道ハーブ!ローズマリーの上手な育て方と活用方法

shutterstock_286599659

ローズマリーは、ミントなどと同様によく知られたハーブです。

少しの量でもしっかり香り、料理やハーブティーなど様々な場面で活用することができます。

マンネンロウと言い表されることもあり、スカッとするような清々しい香りが特徴です。

ここでは、ローズマリーの上手な育て方や活用方法についてご紹介します。

ローズマリーが好む環境

shutterstock_636246086
ローズマリーは、日当たりと水はけのよい土を好みます。

比較的寒さには強いですが、霜があたったりすると弱る可能性があるため、冬には株を守る対策が必要です。

具体的には、建物の近くなど風が直接当たりにくい場所で栽培したり、霜が降りる時期にはポリマルチで株をおおって守ります。

コンテナーで育てている場合は、軒下に移動させると風や霜から守ることができます。

室内に入れてしまうと花が咲かない原因につながるため、かえってよくありません。

夏は、蒸れや湿気にも注意が必要で、やや乾燥気味に育てることを意識します。

たくさん生い茂った枝をすかして風通しをよくしたり、水やりは適度にとどめることを注意すると元気に夏を越すことができます。

ローズマリーの増やし方

shutterstock_1127593892
ローズマリーは、タネから育てることもできますが、初めて育てるかたは苗を購入する方が簡単です。

なぜなら、タネから栽培すると生育の差が大きいため、苗になってからバラツキが出てしまうからです。

ホームセンターなどで丈夫な苗を購入し、挿し木で増やす方が確実で早く増やすことができます。

挿し木の方法は、まず若い枝を7cm程度カットし、10分間水あげしておきます。

この時、水につかる部分の葉っぱは取り除いておき、水あげが終わったらたっぷり水を与えたポットの土などに挿します。

1か月を過ぎるころには根を張るようになるため、植え替えをします。

増やしたい方は苗を植えた年はあまり収穫しすぎないように注意し、古い枝や梅雨前の間引き程度にとどめて挿し木すると2年目以降はたくさん収穫することも可能です。

上手に育てると、1年目は花を咲かせないこともありますが、2年目にはしっかりと花を咲かせることができます。

冬の防寒対策をしっかりと行い、春には堆肥などのゆっくりと効果が現れる肥料を与えることで、ぐんぐんと成長する様子を見ることができます。

栽培のコツをつかむと、ローズマリーは生育が旺盛なためどんどん増えて大きくなっていきます。

ワイルドさも楽しむことができますが、定期的に収穫して株の若返りを図りましょう。

ローズマリーの活用方法

shutterstock_416888845
ローズマリーは上手に増やすことができると何年も収穫することができます。

品種によって収穫可能な時期は異なりますが、葉や茎は1年中収穫することも可能です。

そのため、フレッシュな状態で活用できるチャンスが多く、料理の香り付けには重宝します。

ローズマリーは香りが強めのハーブなので、料理には少量でも十分な場合が多いです。

他のハーブとブレンドして使用するときには、全体のバランスを考えて組み合わせてみましょう。

ローズマリーは清々しい香りが特徴で、ポプリにすると部屋などの嫌な匂いを改善することができます。

特に、靴箱やブーツなどの匂いがこもりやすい靴の中に入れるのがおすすめです。

たくさん収穫して活用方法に困った時には、ドライハーブにして布で作った袋などに入れ、香り袋のようにすると様々な場面で使用できます。

このように袋に入れると、ローズマリーがバラバラにならないため、靴の中に入れても問題ありません。

おしゃれな袋を手作りして、プレゼントに添えても喜ばれます。