2018.10.26

鮮やかな色味を楽しめる!サフラワー(ベニバナ)の育て方と活用方法

shutterstock_374093320

サフラワーは、日本ではベニバナと呼ばれることも多い1年草のハーブです。

その他にも、ツエツムハナとも呼ばれています。

色鮮やかな花は観賞用としても楽しめますが、その他の活用法を知ることでさらにサフラワーの魅力に触れることもできます。

ここでは、サフラワーの育て方のコツや活用方法についてご紹介します。

サフラワーが好む環境とは

shutterstock_449255923
サフラワーは、日当たりのよい場所を好みます。

もともと1年草で収穫時期は5月~7月と短いですが、冬越しの心配はありません。

しかし、短い時期の間でもいくつかの注意が必要です。

サフラワーは乾燥と多湿の両方が苦手なため、水やりのしすぎはよくない反面、乾燥するのもよくないという、繊細な一面を持っています。

乾燥対策としては、夏場の天気が続くときには株の根元をワラで覆うとよいです。

そして、多湿対策で重要なのが、株間を十分に開けて葉っぱが密集しないようにすることです。

この二点に気をつけると、丈夫なサフラワーが育ちやすくなります。

サフラワーの育て方

shutterstock_590357267
サフラワーは1年草のため、毎年タネを蒔いて育てます。

タネ蒔きの時期は春(3月中旬~4月中旬)、秋(9月中旬~10月中旬)が適していますが、収穫できるのは5月~7月頃にかけての1回です。

タネから育てやすいハーブのため、コンテナーや庭に直に蒔いて、ある程度育ったら大きな株を残して間引きします。

葉っぱが生い茂るようになると、蒸れが起こりやすくなるため、あらかじめ株間を十分に開けて栽培します。

サフラワーは植え替えが苦手です。

そのため、できるだけ植え替えないように育てていくことが大切で、特に大きな株はよほどのことがない限りは植え替えないようにします。

サフラワーの活用方法

shutterstock_401803960
サフラワーは、古くから食用や染料として活用されてきました。

エジプトのミイラの中には、サフラワーで染めた布をまとっている状態で発見されたものもあります。

日本でも、赤系の貴重な染料として活用されてきました。

サフラワーははじめ黄色の花が咲きますが、徐々に黄色から濃いオレンジへと変化していき、赤みを増していく様子が楽しめます。

花の収穫に適しているのは赤みを帯びてきた頃ですが、ドライフラワーにしたい場合はつぼみの状態や黄色い花の状態で収穫してもよいです。

ドライフラワーにしても色がそのままきれいに残るため、アレンジメントのアクセントとして利用しやすい素材になります。

サフラワーのハーブティー

shutterstock_1028853127
サフラワーをハーブティーにする場合、花の部分を使います。

花を収穫する時には、品種によっては葉のトゲに注意しながら行いましょう。

朝、早い時間帯に収穫すると朝露で葉のトケが柔らかくなっているため、多少は収穫しやすいですが、長袖や園芸用の手袋を着用しましょう。

収穫した花は洗って陰に干して、清潔な瓶に入れて保存します。

ハーブティーにする時の分量は、1人前で作る場合大さじ1杯程度が目安です。

ティーポットで5分蒸らすと、独特の香りとほのかな甘みのあるハーブティーができます。

好みによって、ハチミツで甘みを足したり、レモンでさわやかさを足したり、ミルクを入れて香りをおさえて楽しみましょう。